カウンセラー曽我部隆志(ソガベタカシ)

こころの薬箱『TAKA流儀!自分列車の切符の買い方』

 

 

 

僕の良さをわかっていただけるクライアントさんもいる!と思えたので

 

TAKAの色んな発信の中でも

この、こころの薬箱は、辛口や ギラギラ感も出していこうと思う。

 

そう言うのは苦手だなーと思えば

ご遠慮なく 読者解除してくださいね。

 

 

さてさて本題。

 

今日は、育った環境は僕たちの人生に関係ない ってお話。

 

よく育った環境が、僕たちの人生を左右する なんて言われる。

 

決して それだけで

僕たちの人生を決めつけるのは、

もったいないなー って 最近 思うんだよね。

 

 

僕も 出会う人 場所 で

毎日は変わるよ って言っているので

 

当然 、育った環境である程度

ぼくたちの人生は、悲しいけど決まってしまう。

 

 

ここは、今日のこころの薬箱のテーマと矛盾してて

自分でも モヤモヤするんだけど

どうしても アナタに 伝えたいメッセージなので書きますね。

 

 

育った環境で 人生が決まるのであれば

 

 

僕は、発達障害者の 精神障害者で

先生なんて呼ばれる事はないし、

テレビなんかに 出られる人ではないし、

人の道標に なるような人でもない。

 

 

うちの母の場合は、

祖父祖母が貧乏で 明日食べるご飯もない 状態で

親戚の家に 養子にだされる話も出ていたような環境だった。

 

 

そんな 環境だったら、グレてもおかしくないのに

そうならず、真面目に働いて結婚して、母になり、

日本一!育てにくい僕を育てて、立ち直らせた。

 

 

育った環境だけで 僕たちの人生が、必ず決まる訳じゃない。

 

 

育った環境を変える何かとは!?

 

それは、自分の人生のレールに逆らってみること。

 

 

どういう意味かというと?

 

 

僕の場合だと

 

発達障害者で

精神障害者で

 

どこに行っても 嫌われ者で

居場所もなくって

いつも孤独だった。

 

 

こんな人生が、ずっと続くんだろうなー って思っていたけど

心の底では、 この人生を変えたいと

下手クソなりに いつも逆らってた。

 

 

どんだけ この人生を変えたい と思えるか

それが、育った環境を超える力になるんだと

僕は、確信してる。

 

 

残念なことに

 

 

多くの人は、

 

 

自分には無理 と

最初から、決めつけていたり

 

こんな人生を送りたいと思える お手本が目の前に現れても

他人事だと思ってしまう。

 

 

それは、

 

育った環境がそう思わせてしまうのだと 思うんだけどね。

 

 

そんな時、どう考えればいいかというと?

 

そんな自分になれる?なれない?は、ちょっと横に置いといて、

 

まず、素直に心から溢れるぐらいの気持ちで

変えたいと思ってみる事。

 

思う事ができたら、

そんな人たちが、過ごしている場所だったり

実際その人たちに会ってみたりすると良い。

 

 

今は、ネットの世界がアタリマエの時代になったので

アナタが、憧れてる人たちと

オンラインサロンとかを通して すぐに会う事が出来るようになった。

 

 

便利な時代になったよねーーー

 

 

憧れの人の価値観や 考え方に触れると

だんだん思考回路が書き変わって、

 

行動してみようっていう気持ちが、

心の底からフツフツ湧いて溢れた分だけ

行動してみようから、行動へと変わっていく。

 

 

イメージ的には、

沸騰してナベから溢れるお湯♪

 

よく世間では、

 

親ガチャだとか

育った環境だとか

 

言うけど

 

それは、

 

自分を諦めるためだったり

無差別殺人をした人を理解するための方法に

 

されてるのが、すごく悲しいなー って思ったので

こころの薬箱に書いてみました。

 

 

 

今日のこころの薬箱 どうでしたか?

 

 

なにかアナタの楽に生きるヒントになれば嬉しいです♪​

 

 

 

こころの薬箱では、

 

ダメな自分を認めて大好きになる

ADHDのまま 自分らしく生きていく

心のモヤモヤ 生きづらさを解消する

 

ための役立つ情報を 

僕の経験談を含めながら、配信しています。

 

 

もし、僕の考え方に共感してくれそうな お友達がいましたら、

こころの薬箱を紹介していただけると嬉しいです(*^_^*)

 

 

感想 質問などあれば、

メッセージを送ってもらえると励みになります♪

 

 

 

 

それでは

また来週月曜に会いましよう♪

 

 

 

 

 

  TAKAでした。